郵政民営化ニュース 郵政民営化で「かんぽ」はこう変わる

2008年01月28日

郵政民営化後初のお年玉付き年賀状抽選会

<スポンサード リンク>

皆さん、例年は、1/15日くらいに発表されるお年玉年賀はがきの当選発表が、1/27(日)にありました。

もしかしたら、凄い賞品が当たっているかもしれないので、要チェックですね!

職場に届いた年賀状もチェック忘れずに!
下記に関連記事を引用します。

-------------------------------------------------------

 タレントの安田美沙子が27日(日)、東京・お台場のアクアアリーナで行われた『平成20年用年賀・お年玉くじの抽せん会』に麻木久仁子、おぎやはぎと共に登場。安田は最近友達から送られてきた赤ちゃんの写真付き年賀状をみて「焦ります・・・」と年頃の女の子ならではの心境を明かした。


 昨年10月の郵政民営化後初の抽選会となった今回は、年賀オリジナルのニンテンドーDS Liteが当たる『年賀オリジナル賞』や、今回から発売が開始されたカーボンオフセット年賀対象の『C組限定賞』という新たな賞を設置。1等にはハワイやケアンズなど行き先が選べる海外旅行や、ハイビジョン液晶テレビ・AQUOS、ウォーターオーブンなどが用意された。

 賞品が発表されると、今年約100枚ほどの年賀状を受け取ったという麻木は「今年は豪華! 旅行に行きたい」と目を輝かせ、矢作兼は「民営化になってよかった。(年賀オリジナルの)DSが当たったらヤフオクで売りたいね。プレミアが付きそう」とニンマリ。

 また、最近もらった年賀状について安田は「地元の友達から赤ちゃんの写真付き年賀状が送られてきて、焦りますね。もう25ですし…」と複雑な心境を漏らしつつ「いつか自分もやってみたい」と憧れを語っていた。

 回転ルーレットとボーガンを使用し抽選された今回の1等当選番号は【574578】、2等は【957358】、【769466】、【397940】、3等は下4ケタが【9660】、4等は下2ケタが【37】、【64】、年賀オリジナル賞は【935473】、【588104】、【520056】、【700871】、C組限定賞は【812751】、【561101】という結果となった。賞品の引換期間は1月28日(月)から7月28日(月)まで。

引用:ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000006-oric-ent


<スポンサード リンク>

posted by ゆうちょん at 06:52 | 郵政民営化ニュース

2007年10月11日

<ゆうちょ銀行>システム障害、1週間以上続く

<スポンサード リンク>

巨大組織、郵政が民営化したことで起こっていたシステム障害が、やっと収束に向かっているようだ。
1週目には、口座を新規開設する時に時間がかかるなどの影響があったが、現在は解消されているようなので安心できそうだ。
以下に関連記事を引用する。

----------------------------------------------------------

 郵政民営化で誕生したゆうちょ銀行で、1日に発生したシステム障害が1週間以上も続いていることが8日、分かった。貯金の預け入れや払い出しなどにかかわる基幹システムには異常はないが、郵便局の端末から「顧客情報管理システム」に接続しにくい状況が続き、口座を新規開設する時に時間がかかるなどの影響が出た。ゆうちょ銀は「連休明けの9日に復旧を目指している」と説明している。
 障害が発生した顧客情報管理システムには、顧客の氏名、住所、生年月日、預金残高などが登録されており、口座開設時に「総額1000万円の預け入れ限度額を超えていないか」などを確認するために使われている。このシステムは民営化初日の1日から本格的に運用されたが、当初から障害が発生した。
 ゆうちょ銀は「システムに接続するのに必要なパスワードの変更作業が初日に集中したため、一時的な障害が発生した」と見ていたが、作業が落ち着いた後もシステムの状況は改善されず、原因を調べている。
 ゆうちょ銀は「障害が発生した当初は、新規口座の開設を見送った郵便局もあった。しかし、混雑した場合には顧客情報システムによる確認を省き、後で確認作業を行うように郵便局に徹底したので、現在では顧客サービスに問題は出ていない」と話している。


ヤフーニュースより引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071008-00000031-mai-soci

<スポンサード リンク>

posted by ゆうちょん at 06:37 | 郵政民営化ニュース

2007年10月02日

民営郵政初日に簡易局68局を一斉閉鎖、公社発足以降最多

<スポンサード リンク>

波乱が予想される、郵政民営化の足取り。
あまり表面には出てきていないが、民営化初日は郵政のコンピューターシステムの3割ほどに何らかの障害が発生したそうだ。
あれだけの巨大な組織のシステムなのでしょうがないとは思うが、今後、銀行や生保と比較して、郵政〜郵便局のメリットは何なのかがまだ見えない。国民がどう選択し使っていくかが注目される。

そんな中、全国で簡易郵便局68局が一斉に閉鎖という記事を発見した。

どんな田舎にもあることが、郵便局の強みだっただけに今後どうなっていくのかが心配される。

以下に記事を引用する。


---------------------------------------


 全国で簡易郵便局の閉鎖が相次いでいる問題で、郵政3事業が民営化された1日、長野県や北海道など16道県の68局が一斉に閉鎖された。

 日本郵政公社から業務を委託されていた個人や農協などが民営化を機に受託を打ち切ったためで、一度に閉鎖された局数としては、2003年4月の郵政公社の発足以降で最多という。郵便窓口業務を担当する郵便局会社は「新たな委託先を探している」とするが、再開が難航する簡易局も多そうだ。

 郵便局会社によると、閉鎖されたのは長野県で19局、北海道で16局、鹿児島県で6局、三重県で5局、愛知、福岡、岐阜県で各3局など。1日現在の簡易局4299のうち、「一時閉鎖」は417局となり、8月末現在の310局から107局増えた。


ヤフーニュースより引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000201-yom-soci

<スポンサード リンク>

posted by ゆうちょん at 05:44 | 郵政民営化ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。